チタン(TC4)
チタンは、その生体適合性の組成により、医療用途に広く使用される多目的な材料です。チタン 3Dプリントは、部品を中空にしたり、骨や組織の成長のための取り付けポイントとして機能する複雑な表面ジオメトリを特徴とするため、医療インプラントの良い選択肢です。これに加えて、その優れた強度対重量比と耐食性から、航空宇宙産業で人気のある材料です。
チタン(TC4)

概要

カラー
特性
詳細
60%
強さ
柔軟性
40%
特徴
DMLS、SLM、およびEBSなどの金属3Dプリントプロセスでは、Ti6Al4V合金の粉末が使用されます。粒径は45から100マイクロンの間です。アディティブ製造の多様な機会のおかげで、この材料は複雑な部品やカスタマイズされたインプラントの作成に使用されます。3Dプリントされたチタン部品は強度があり、比較的耐久性がありますが、機械加工または成形されたものよりも弱く、多孔質に見える可能性があります。
キーデータ
最大サイズデフォルトのレイヤー高さオプションのレイヤー高さ許容差耐熱性
250*250*320mm0.1mm0.5mm0.2%*L50-60
特性
産業用品質高い強度軽量
適切な
機能性の試作品および最終製品
フォームとフィットのテスト
機能性の試作およびテスト
適していません
大きなモデル
デザイン内の空洞(逃げ穴を利用しない場合)